2011年08月04日

44歳の新人

ええと…….

Young Scientist Awardを受賞しちゃいました.
日本語訳は若手研究者奨励賞です.

通常,若手研究者の賞は35歳未満なので
私は関係ないと思ってました.

ところが,今日の夕方,受賞の内示を受け,
思わずバカ正直に「35歳以上だし,若手カテゴリにエントリしてません」
と伝えたら「こちらのミスです,すみません」と言われて.

クロージングセレモニーではすっかり傍観者を決め込んで
いつものシャツに綿パンツ,すっぴんのぼさぼさ髪.

娘を追いかけてのどが渇いたので
セレモニー開始前のウェイティングドリンクで
スパークリングワインをかけつけ4杯.

どうせ知り合いも居ないしー,てな感じで寛いでました.

で,セレモニーが始まり,ベストプレゼン賞に続いて
ヤングサイエンティスト賞の発表.

はかない夢だったわね,あと10年若かったらねー
と思いながら赤ワインをがぶ飲みしてたら

なぜか見覚えのある名前と研究タイトルが.???.

壇上に促され,思わず
「えくすきゅーずみー,あいむ,おーばーふぉーてー」と言ったら

「関係ないよ,あなたの成果を讃えます」と言われて.

はい,開き直って貰っちゃいました.
そんなことしてるうちに,不安になった娘が壇上によじ登り.
太っ腹のチェアマンが「おー、やんげすとさいえんてぃすと」 って.

恥ずかしいなあ.もう.でも嬉しかったです.
若くないけど,若手,です.

こんな身に余る賞をいただけたのも,みんなが応援してくれたおかげです.
ありがとうございました.
posted by さきちゃん at 06:41| Comment(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

イエローカード,レッドカード

無事,ドイツに到着しています.

娘は相当疲れているとは思いますが,
今のところ体調は崩さず元気にしてくれてます.

発表も昨日終わりました.

ネット接続も出来るようになりました.回線よわよわですぐ切れるけど.

ドイツ日記はこれから少しずつアップしていく予定です.

さて.今回の発表.
ひとりの持ち時間が質疑応答含めてたったの15分.

通常(というか,今まで私が経験した発表)ならば,
10分の時点でベル1回でお知らせし,
13分の時点でベル2回で強制終了となります.

ところが今回は,ドイツというお国柄なのか
10分でイエローカード掲げ,13分でレッドカード(笑.

面白いなーと和んだのもつかの間,
去年の北京とは全く異なる様相に結構焦りました.

北京での発表は,国際学会と名がついているとは言え
参加国は東アジアが殆ど.内輪的雰囲気も濃く
みんな「行儀よく」セッションに参加していてました.

ところが今回は
知り合いのプレゼンに途中で突っ込みを入れる人が居たり
退屈なプレゼンに対して,露骨にあくびをしてみせたり
ペンをトントンしてイライラしてみせる人がいたりでびっくり.

と言うか,怖かったです.

私の発表が始まるとき,司会の方がいきなり
「次の発表者を紹介する前に,個人的に質問があるんだけど?」

と言われて,焦りつつも「い、いえす?」と答えたら

「福島大学って,今,やってるの?」って.

「もちろんやってます.でも原発パニック継続中です」と答えました.

うーん.

少し前に,福大のある先生がローマの学会で発表したんだけど
震災ネタを仕込んでいったら,誰も興味を持ってなくて
かえって時間の無駄だったと仰ってたので,頭から離れていました.

ヨーロッパでも国(人?)によって意識が違うのかも?

さて,私のプレゼンですが.

発表原稿を丸暗記して行くはずが間に合わず
セッションでたったひとり,
原稿片手に発表するという体たらくでした.日本の恥?すまん.

一部退屈そうにしている人もいたけど
10分のときに,司会の方が黙ってイエローカードをだしたので
「うん」と頷きながら発表を続け,12分で発表を終えました.

いくつか質問も貰えてありがたかったです.
研究報告は質問をもらえてなんぼ,ですから.

ただ,私の英語力が低くてうまく答えられなかったり,
質問の意味を間違えてトンチンカンな返事をして
司会の方に「今のはこういう意味だよ?」と
簡単な英語に直してもらったりして,本当に恥ずかしい日本人,でした.

私のセッションは,発表者,聴講者含め日本人は私だけで,
別に日本人がいたからって助けてもらえるわけじゃないけど
ちょっと心細かったです.

でも,私に対してはすごく親切だった司会の方も
ちょっと退屈な発表に対しては
「すばらしい発表ありがとう.でも難しすぎて分からなかった」
みたいなことを言ったり
その人にイエローカードを出すときに「あと3分だよ」と声にだしたり

某日本の大学の中国人留学生が原稿を殆どスライドにコピペして
それを棒読みしていたときには
流石にみんなうんざりして,ひとつも質問が出なく
司会の人は「論文を丁寧に読まれたら質問もないよね」
みたいなことを言ってて,正直,気の毒でした.

中国人留学生には,同じ日本の大学から来ているよしみで
何か質問してあげなくちゃ!とさえ思ったのですが
発表内容がよくわからず(致命的)
当たり障りないことを言おうにもぱっと英語が思いつかず
モジモジしているうちに終わってしまいました.

セッション終了後,質問をしてくれた方々にお礼を言い
そのうちの一人とはメアドの交換もしました.
その人に,明日,自分のセッションを聞いてほしいと言われたけど
行けるかどうか…….

ところで,その人のドメインがseなんだけど,どこだろう??
って,調べたらスウェーデンだった!!

おおおう.びっくりですよ.

というのも,今回のドイツ滞在を強力に(というか完全に)
バックアップしてくれているYukikoさんは
スウェーデンから,スウェーデン人のお友達(J兄)と一緒に来ているのです.

J兄は年の離れた弟6人の面倒を見てきたという育児のエキスパート.

言葉も通じないのに,娘もあっという間になついて平気でおんぶにだっこ.
終いには私じゃなくJ兄とYukikoさんと手をつないで歩く!という始末.

私のセッションの間中,YukikoさんとJ兄が娘の相手をしてくれ
本当に安心して発表に臨めました.ありがとうございます〜

娘のことで,J兄にこんなに助けられるとは!と思っていたら
私のセッションでは,
スウェーデンの人が質問という形で発表の意義を高めてくれたなんて.


にわかスウェーデンファンになりそう.うふふ.
posted by さきちゃん at 11:59| Comment(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

卒業試験終わりました

卒業試験は7月21日の午前中に終わりました.

本当は,8月26日の予定だったんだけど
ドイツでの発表の後,ゆっくり出来るようにという指導教官の計らいで.
9月卒業は私だけ,ってこともあるしね.ありがたいけど,バタバタ.


卒業試験は修論の口頭試問のみ.
ある意味,2年かけて書いたものだから中身は全て頭に入っている.

約30分のプレゼンをして,約30分の質疑応答.

こんな事を言うのは何だけど,とても幸せな時間でした.

午後から,副査をして下さった計量経済の先生の授業.
授業の前に,試験では話さなかったコメントを頂きました.

大事なのは,研究の目的.そして結果をどう解釈し,伝えるか.
様々な手法も計算も,あくまで手段でしかない.

その事を忘れないでって.

バリバリの数学屋さんの先生からこんな言葉でるとは思わなかった.
びっくり.泣きそうになったよ.

あとは,ドイツの発表を残し,長かった福大生活にサヨナラ.

おっとその前に,アシスタントをしている授業の課題チェックと
環境経済の課題レポートを書かなくては!!
posted by さきちゃん at 10:30| Comment(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

祝杯

110618_2150~01.jpg

PA0_0013.JPG

PA0_0012.JPG


2時間程前に、何とか修論を書き終えて指導教官に提出したので、今夜はひとりで祝杯。

もちろんプレーゴ、ワインはキャンティクラシコの2008年。
食事はサラダと子羊の網焼きとラビオリ。全部ひとりで食べちゃった♪

暫く外飲み出来ないんだから今夜くらい許して。

大学の卒論も、今回の修論も実際の執筆期間は3週間程度。

でも、半年間にバラバラ集めた資料を一気に煮詰めて、寝食忘れて集中した卒論に対して

修論はこの2年、少しずつ書きためてきた研究報告や、少しずつ読みためてきた資料を、整理してパッチワークのように繋げていく、地道な作業だった。

今の生活環境や体力じゃ、卒論のようなやり方は無理。

いつも、締め切りギリギリにならないとやらない私でも、その気になればこんなやり方も出来るんだな。

卒論のような燃え尽きた達成感は無いけど、この2年間の研究を思い出しながら、コツコツと論文を仕上げるのは、それはそれで楽しい作業だった。

これから、先生方の審査を受けて、8月末の最終試験まで幾つか訂正はあるだろうけど、
それでもひとつの区切りとして、今日はのんびりグラスを傾けさせて。
posted by さきちゃん at 21:53| Comment(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

どいつんだ、おらんだ

4月半ばに提出していた予稿のアクセプトが来ました。

#本当は3月末締め切りだったけど
#震災で準備が出来ないから待ってくれと
#稚拙でぶっきらぼうなメールをした

と言うわけで、8月はドイツです。

福大生活の最後に有終の美を飾りたいと思っています。


何時だって、何だって、自分で決めたことが正解!!
posted by さきちゃん at 12:26| Comment(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

新入生向けガイダンス

110507_1041~01.jpg

私は、とあるコーナーの写真係。


具体化したら日記にしようと思ってたけど
大学生協関連団体が主催している林業保護活動があって。
今年は会津でイベントを計画していて、私もそれに参加するのです。

今日はガイダンスの時間をお借りして、新入生に活動を説明。
壇上では理工3年のはるかちゃんが熱弁を奮ってます。

震災前から決まっていたイベントだけど
会津の林業を護る活動をするのも、復興活動のひとつ!
posted by さきちゃん at 12:37| Comment(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

ちぇ

学会発表は18日(金)の15時半からのセッション。
退官記念パーティは21日(月)のお昼。

どっちも、日帰り楽勝なスケジュールじゃないですか。
ううう。つまらん。
posted by さきちゃん at 12:11| Comment(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

ときめきの三月

おおう……。

3月17、18日の木金に調布で学会。
19、20日の土日を挟んで
21日月曜日(祝日)に水道橋で恩師の退官パーティ。

郡山と東京を行ったり来たりするのも大変だしー。
どうしようかなー。ぬほほほ。

この時期は18きっぷが販売されるだろうから
義実家拠点に連日通っても良いな。わはは。
posted by さきちゃん at 11:45| Comment(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

郡山モデル実現に向けて

郡山市のリユース推進準備会の定例会議を見学しました。
うちの先生がこの準備会のメンバーなのでお供です。

事前の先生の話だと
「会議室の隅に椅子を用意してもらうので
 そこに座って、見学ついでに議事内容をメモして」
とのことだったのに
行ってみたら、最下座とはいえ会議メンバー達と同じ卓上に
席が用意してもらってあってびっくり。
コーヒーとか出てきて、無意味に恐縮しちゃいました(笑

まあ、でも、あくまで見学させていただく学生の身分。
会議中は一言も発せず、黙々とメモを取りました。

この準備会では、全国に先駆けて、他に類を見ない
特徴的なリユースのシステムを作るため
様々な立場の人たちが集まって頭を悩ませています。

単なる議事メモ係としてでもお役に立てるのは嬉しいです。
何より、自分が住む街に関わることですからね。

でも、久しぶりに「会社の会議」に参加して疲れました。
posted by さきちゃん at 20:00| Comment(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

学内でもイルミネーション

101222_2128~02.jpg

どっかの研究室の実験の一環らしいのですが。

ささやかですが、キレイです。
posted by さきちゃん at 21:36| Comment(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

餃子忘年会

101217_1820~03.jpg
101217_1820~02.jpg
101217_1820~010001.jpg

学部のゼミは超平和。
四年生4人、三年生5人。
真面目で優秀な男の子ばかりです。

今日はゼミの後に研究室で忘年会。
ゼミの先生が中国人なので
先生の指南でみんなで餃子を手作りして食べるのです。

アテクシ、男所帯へのささやかなプレゼント(?)として
経済学部のカワユイ女の子を二人連れて行きましたよ。

そしたら、みんな喜んでテンション上がったのは良いけれど……。


「この研究室に女性が入るなんて革命ですよ!」
と言ったヤツが居て……。


……。毎日顔を出してる私の立場は?


もうオマエラにジャンプ貸してやらん!!


餃子は特大サイズ!!
一個が普通の餃子の三個ぶんくらい。

皮も手作りで、つるんつるん♪
干しエビが効いていて、めちゃくちゃウマーでした。


味も良かったけど、餃子の皮に具を包んでるときに
「実家を思い出す〜」と言い出した子がふたり居て。

おうちでお手伝いしてたのかな?と微笑ましく思いました。
posted by さきちゃん at 19:00| Comment(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

クリープを固めたような

101102_1234~01.jpg
そんな味&食感のお菓子。
中国人留学生の子がくれました。
posted by さきちゃん at 12:05| Comment(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

せっかくだから

101031_1254~01.jpg
お昼は模擬店で買ってみた。
留学生会の水餃子。
八角が効いててウマー。

さて。課題やるか。
posted by さきちゃん at 12:59| Comment(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨の学祭

101031_1012~01.jpg

想像を超える地味さ、小規模さにショック。
あ、私も研究室に用があって来ただけ。

県知事選の萌ポスターは学内にも貼ってありました。
私は朝イチで投票して来ましたよん。
posted by さきちゃん at 10:21| Comment(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

無事戻ってきました

DSC00050.JPG

報告が遅くなって申し訳ありません。

22日は小倉にあるnorie師匠のお店に顔を出してホテルで夕食、就寝。
部屋は母叔母はツイン、私と娘はシングルでお休み。

23日の夕方のセッションで無事発表し
24日の昼過ぎに福岡を去りました。

母親をサポートするはずの叔母がモノレールにバッグを忘れたり
(モノレールはバッグを乗せたまま空港-浜松町を1往復して無事戻ってきた)

私がnorie師匠のお店に携帯を忘れてきて
セッションが遅れたことをじんちゃんに伝えられず
迷惑をかけたりと色々ありましたが

肝心の私の発表は、問題なく無事に終わりました。
質疑応答もなかなか活発で、実のあるセッションになりました。
某筋で「大御所」な先生が同じセッションになり
ちょっといちゃもんをつけられましたが、笑顔で「そうですねー」。
るみたん、私もちょっとは大人になったよ。
一方、北京の学会で知り合った、某高専の先生が
研究分野が全く違うにもかかわらず、私の発表を見に来てくれて
ちょっと嬉しかったりして。

発表の後、懇親会は辞退して母叔母娘&じんちゃんとその彼女さんと夕食。
私が到着する前に、母達はじんちゃんと合流してたよ。

じんちゃんが連れて行ってくれた炊餃子(たきぎょうざ)はすっごく美味しかった。
ごま鯖もまるちょう(初めて食べた)もすっごく美味しかった。
「炊餃子」とは、最近福岡で流行っている料理だそうで
簡単に言うと、水餃子の「水」がとんこつスープになったものです。

福岡滞在中、娘は元気でおりこうさんでした。
norie師匠のお店で生のにんじんのサラダと、きのことジャガイモのキッシュを
びっくりするほど沢山食べました。
じんちゃんたちとの夕食のときは、竹豆腐を独り占めして食べました。

因みに、私が学会に行ってる間の母叔母娘ですが。
「電車もバスも自在に利用できる」とさえずる婆2人を無視して
ホテルのフロントが呼んでくれた観光タクシーに母叔母娘を押し込み
運転手さんに5時間分の観光タクシー代を渡して
「ワガママな年寄りですがよろしくお願いしますと言って」
福岡観光をお願いしました。
婆2人がどうなろうと知らんが、娘が心配なんじゃ!!

運転手さんは最初、大宰府に連れて行こうと思ったそうですが
「大宰府なんて、何回も行ったことがあるわ」と一蹴され
福岡タワーとか海の中道に連れて行ってくれたらしいです。

……運転手さん、ご苦労様でした(涙


まあ、でも、娘が母や叔母になついて楽できる部分があったので
一緒に行ってよかったと思います。



さて。
今日は、いつ以来か思い出せないくらい久しぶりの完全オフ日。
つまり、学校にも行かないし、夫は仕事、娘は保育園で私は自由〜。
約3ヶ月ぶりに美容院に行ってきました。
そして1年3ヶ月ぶりにデジデジパーマをかけましたお。


次は来年の3月に電通大だよ!くみこちゃん!!
こっちは娘は連れて行かない。絶対。
夫の仕事の調整がつかなかったら、母が義母に郡山に来てもらう。

だって〜。ゆっくりのんびり飲み歩きたいもん。

トップ画像は、件の炊餃子。手タレはじんちゃんの彼女です。
↓はホテルで寛ぐ、娘と婆。ある意味、40年前の私と推定30年後の私。
DSC00028.JPG
posted by さきちゃん at 17:18| Comment(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

今年の挑戦は

後期の授業では、先日の日記にも書いた工学実験の講義の他に
ミクロ経済学のアシスタントもすることになりました。

通常のアシスタント業務は
基本的に出欠チェックや資料配付程度なんですが
この授業を担当する先生の方針により
私は、授業の後に毎回の課題の採点と
授業冒頭に、課題の解説を15分ほど行うことになりました。

今日がその解説の第1回。
前回の授業の時に集めた課題の回答と正解率などを紹介し
間違えた人が多かった箇所を重点的に解説しました。

やり方は任せると先生に言われたので
パワーポイントで資料を作ってやってみましたよ。

工学実験は、一度に相手をする学生が20人程度ですが
(週ごとにメンバーが代わる)
ミクロ経済学は、階段教室で150人以上を前に話します。

たった15分の課題解説とはいえ
ひとりひとりを満遍なく見てあげられる工学実験とは
ちょっと勝手が違うなぁと感じました。

今回、この授業で、課題採点&解説アシスタントをするため
前期に教養コースのミクロ経済学の授業を受けたり
経済の先生から個別指導を受けたりして下準備をしてきました。

でも、後期のミクロ経済学の授業は、教養コースの倍近い内容を詰め込みます。
経済学部の学生にとっては必須の課目だし
公務員試験にも出るので、他学部の学生も結構受講しに来てます。

「高いレベルの授業を望む学生に合わせた内容にする」と
担当の先生が仰ってたので、私もがんばって付いていこうと思います。

ぐうたらな私も、一応少しはがんばってます。
posted by さきちゃん at 17:00| Comment(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

今年も……

去年と同様の工学実験の講義を任せてもらえました。

去年は2回だけだったけど、今年は後期の工学実験全てを受け持ちます。
毎週木曜日の3限〜5限、3コマぶっ通しの授業です。

私の指導教官は「お陰で楽が出来る〜」と言ってますが
こちらも好き勝手やらせてもらえて大変ありがたいです。

授業本来の目的は見失わないようにしつつ、私の研究に使えるよう
今回は数理統計の先生の指導のもと実験内容をアレンジ。

実験計画法、ですな(笑

余談ですが。
数理統計の先生は東大オーラが出ててとても良いです。
やっぱり男は東大卒だね。って私の夫は違うけど。
学生か先生か分らない風貌で、相当若いのかと思っていたら
私と歳が変わりませんでした。
今度、若さの秘訣を聞こうと思っています。

話を戻して。
初回の今日は、やっぱりちょっと緊張。
でも学生たちは、真面目に根気よく作業してくれたので
まあまあの出来ではないでしょうか。

ふと思い立って、実験の感想アンケートを用意したのですが
私の説明や、実験内容に関して
概ね好意的な感想が多くて一安心でした。

さて。来週もがんばるぞー。
posted by さきちゃん at 20:00| Comment(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

北京画像〜航空博物館

↓入り口。この画像をアップして思った。大学の正門も撮っておけばよかったよ。
DSC03672.JPG

↓中にも外にも、歴代の飛行機の本物やレプリカがたくさん。
DSC03666.JPG

DSC03660.JPG

DSC03658.JPG

↓中国の「航空の父」と呼ばれている人。航空機事故犠牲者第1号でもある。
DSC03662.JPG

↓なんともゲンキンな……。
DSC03661.JPG

北京画像はこれにておしまい。
posted by さきちゃん at 15:21| Comment(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北京画像〜町並みなど

↓言わずと知れた「鳥の巣」。近くの歩道橋から撮ってみました。
DSC03622.JPG

↓真ん中で折れるバス。でかい。
DSC03621.JPG

↓地下鉄の駅はキレイ。路線も分かりやすい。丸の内線よりよっぽど簡単。
DSC03627.JPG

↓大学近くの歩道橋から眺めた景色。画像左奥が大学施設だよ。
DSC03674.JPG

posted by さきちゃん at 15:16| Comment(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北京画像〜頤和園

17日の午後は、指導教官に連れられて雨の頤和園(いわえん)へ。

世界遺産でございますが、すばらしい建築物が残っている場所もあれば
イギリスや日本にぐっちゃぐっちゃにされて修復が進んでないところもありました。
完全修復派と、崩れた状態を保護する波に分かれて論争が続いているそうです。
※私の指導教官(中国人)談

↓川に沿ってお土産やさんなど。
DSC03603.JPG

↓石船。西太后はここに人を招くのが好きだったとか。
DSC03605.JPG

↓奥に見える塔のてっぺんまで登れます。
「疲れた」という指導教官を置いてひとりで登ってきました。千手観音が祀られてたよ。
DSC03608.JPG

↓塔に続く階段。
DSC03611.JPG

↓湖の向こうにビル群。
DSC03615.JPG
posted by さきちゃん at 15:12| Comment(0) | 学校のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。