2011年09月19日

ドイツ22日目(8月21日)

気がついたら,帰国してもう1ヶ月近くなってる.
それ以上に,ドイツの空がずっとずっと昔の事のよう.

忘れかけた記憶を呼び起こして,最終日の日記を.

朝食は食材が無くなったのでヨーグルトとジュースのみ.
昼頃にチェックアウトして,このバス停を使うのも最後.

PA0_0334.JPG

滞在中の移動を助けてくれたのは,電車とバス共通で使える乗車券.
旅行者向け3日券は10.6€で乗り放題.これを繰り返し使っていました.

そして最終日の今日,初めてバスで行き先を告げる.
「Airport」じゃなく「Flughafen(ふるかぁーへん:発音正しいか不明)」と言ってみた.
何とか通じたらしく,チケットが買えたよ.

PA0_0331.JPG

中央駅で降りて,駅構内のファストフードでランチ.
日曜日は殆どのお店が閉まっているからね.

手前はカレーブルスト.置くにあるのはケーゼフライシュをみっとぶろーと.
ケーゼフライシュは,8月2日にビアガルテンで食べたときには煮込みだったけど
こんな風にただ気ってサンドイッチにもするんですねー.美味しかった.

食後はシュロス公園を最後のお散歩.
ジャズの生演奏が行なわれておりました.

PA0_0324.JPG

公園周辺では,ちょっとだけ開いているお店もあって.
最近人気(?)らしい,Caffreezのカプチーノを買ってみた.
スタバで言うところのフラペチーノね.

PA0_0327.JPG

夕方になって空港へ.
シュトゥットガルトからフランクフルトまで,今回はルフトハンザの国内便で.

こちらに来たとき,
フランクフルトの空港から鉄道までの乗り継ぎがあっという間だったので
甘く見ていたら大失敗.
乗り継ぎ時間約1時間半,ほとんど空港内の移動で終わりました.

どんだけでっかいんだ,フランクフルト空港.
おなかも空いて眠かっただろうに
文句も言わずに一生懸命歩いてくれた娘に大感謝.

やっと帰国のNH210フランクフルト発20:45.

いつも国際線で日本語のアナウンスが流れると,英語も出来ないくせに
海外気分がそがれて台無し〜興ざめだわ〜なんて思ってたのに
今回ほど,ANAのお姉さんの日本語に「ほっ」としたことは無いな.

「もうすぐご飯だから」と娘をなだめていたものの
夕食が配られ始めて間もなく,もうあと6〜7人で私達の番というところで
気流が乱れてているところに差し掛かってしまい
その後,配膳が再開するまで1時間近く待たされてしまい

夕食にありつけたのは午後10時半を過ぎた頃.
さすがに娘は限界となり,ジュースを飲んで,数口食べたところで撃沈.

あとは,ハハがワイン2本と一緒に全て頂きました.

上が娘のキッズミール,下が私が食べたチキンソテー.
行きの飛行機よりずっと上出来.

PA0_0322.JPG

PA0_0321.JPG

食後は,安定した飛行が続いたので肘掛を上げて
シートふたつ使って娘をのんびり寝かせ,ハハは足元で体育座り.

「密航者か!?」と心で突っ込みつつ
それでも娘が少しでもゆっくり休めるなら,と.

帰りの飛行機ではほぼ全工程,7時間以上寝てくれました.ありがとう.
posted by さきちゃん at 15:48| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。