2011年06月25日

出口見えず

先日,娘が通っている保育園で
某大工学部の先生を招いて被曝対策ついての勉強会がありました.

内容は,フクシマ在住者なら誰でも何度も見聞きしている事だから割愛.

みんな疲れてきている.

放射線は目に見えないし,フクシマの空は青く緑はキレイ.
暑い日が続いて,娘に何度言ってもマスクなんてしない.
無理にさせても外してポイッ.

それにしても,
娘の園には定期的に上記の先生が来て放射線量を測定し
5月には園庭の除染作業もしたのだけど
これら全て,私は市の指示だと勝手に思っていたら
そうじゃなかったことに驚き.

娘の園で独自に行っている事だって.
同じような事をしている他の園も,
それぞれ自分たちの判断でやってるんだって.


そうだったのかー.


小さい子を抱えている親の集まりだから
当然,神経すり減らして感情が昂ぶっている保護者の方もいて.


勉強会の最後の方で先生が

「30年後の健康も心配だけど,
 今の時点で子供たちには相当なストレスが掛かっていて,今の健康も心配.
 特に運動不足による影響がとても心配だけど,
 でも,除染したとは言え,園庭で遊ばせろなんて絶対言えない」

「卑怯者と言われるかもしれないけど,
 私も,文科省管轄下で働く身として表立って出来ることには限界がある.
 もっと保護者の方々が危機意識を持って声を上げて欲しい」


と仰ってて.

子供の「今の健康被害」は,つい最近,別の方とも話したばかりで.
その方のお家は,小中の男の子3人,全員サッカー小僧なんだけど,
震災以来,ろくに外で遊べずゲーム三昧で,上の子がびっくりするほど太ったって.

家の娘はまだ小さいし,園の中での遊びでも大丈夫だけど
それでも,外で遊べないストレスが成長にどんな影響を及ぼすかが不安.


「声を上げて欲しい」については
なんていうか,先生,そこまで言わせてごめんなさいって感じ.
posted by さきちゃん at 16:03| Comment(0) | MaternityDays | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。