2010年01月01日

黒塚

100101_1225~02.jpg
早速「読書」カテゴリを作ってみました。

と言っても、この本を読んだのは12/31。
年末年始は実家で過ごしたのですが
思いのほか娘がスムーズに寝付いてくれて
年寄りジジババも早めに就寝したので

ぽっかり時間が空いてしまって。

随分前に買った夢枕獏の「黒塚」を開いて……


一気に読んでしまいました。


夢枕獏は中学時代にコバルトシリーズで短編を読んでから
ずっと敬遠してました。

だって、なんというか余りにグロくて。
ちょっと私には無理だった。

でも、タイトルの「黒塚」が
二本松にある、安達が原の鬼婆伝説の場所と知り


折角、フクシマに住んでるんだから……と買ってみたのです。


内容は、しっかりSFで(笑)面白かったです。
まさか鬼婆伝説をそう解釈(?)するとは思いませんでした。

私は虚構と現実の区別が付かない人間なので
こんな本を読むと、黒蜜とクロウが今の時代も
どこかで、二人で、駆け抜けているんだろうなぁと思ってしまいます。

これ以上はネタバレになるのでおしまい。


画像は実家の花です。黒塚とは無関係。
私が本を読む背中を、この花がじっと見つめてました。
【関連する記事】
posted by さきちゃん at 02:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。